読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万能鑑定士Qの事件簿

以前に後輩さんからオススメしてもらったシリーズ。
もう2年近く経過し、やっとシリーズを読破した。

自分は知らなかったが、かなり有名な本らしいので概要は省略する。

このシリーズの特徴として「読みやすさ」があると思う。
私自身、本を読むのはあまり得意ではなく飽きてしまうことが多い。
一つの原因として話のクドさや長い会話の果てにストーリーが全く進まない苛立ちがあると思う。
それらがこのシリーズでは全く感じられなかった。
すべての章が最終章への布石となっており、読み終わった時に快感を覚える。
またストーリー展開が激しく、キャラクターたちもその展開に対して困惑しながらも立ち向かっていく姿に興奮し共感する。

最終巻を読むまでに時間がかかってしまったのはKindleに入れて忘れてしまっていたから。
時間が出来たのでようやく読み終えることができた。

派生シリーズもあるようなので、まだまだ楽しめそうである。
オススメしていただいた後輩さんに感想を言いたいところだ。