プログラマの数学

尊敬する結城先生の著書で覚えておきたいことをまとめる。

論理(AならばB)

AならBは以下のように記述する。
\[ A \Rightarrow B \]
「AならばB」の定義は以下の通りである。

A B A▶︎B
ture true ture
ture false false
false ture true
false false true

プログラマの数学

プログラマの数学

広告を非表示にする